CSRCorporate Social Responsibility

従業員とのつながり

ルネサンスの「生きがい創造企業」という企業理念には、お客様はもちろん、仕事を通して従業員の生きがいを創り出したいとのメッセージが込められています。また当社の企業行動指針には、「ホスピタリティ精神」、「真摯な姿勢」、「社会貢献」、「自己研鑽」といったキーワードとともに、自分の生きがいも追求することが示されています。
従業員同士の関係性もホスピタリティ精神にあふれ、人を大切にすることが企業文化のベースになっています。

ルネサンスが大切にする5つの価値観

ルネサンスで働くスタッフが大切にすべき考え方を示しています。

ルネサンスが大切にする5つの価値観
健 康
お客様を健康にするため、まず自分自身、および周囲が心も身体も健康な状態を作ろうとすること
ホスピタリティ
お客様や仲間、取引先など関わる相手を気遣い、おもてなし、思いやりの心を持って対応しようとすること
チャレンジ
現状に満足することなく、より高みを目指して、改善や創造に積極的に取り組もうとすること
チームワーク
自ら主体性を持って、周囲に働きかけ、力を結集し、一人では成し得ない成果を追求しようとすること
成果の追求
コンプライアンスを大前提とし、あきらめずに、真摯に最終成果にこだわろうとすること

健康経営の推進

当社の企業理念である「お客様に健康で快適なライフスタイルを提案する」ためには、従業員自身が心身ともに健康で、いきいきと働いていることが不可欠です。そこで、会社が従業員の健康づくりを支援していく事により、経営面にも大きな効果が期待できる「健康経営」を導入しました。
2016年7月1日、代表取締役社長執行役員の吉田正昭が最高健康責任者(CHO:Chief Health Officer)に就任し、「ルネサンス健康経営宣言」を制定しています。

ルネサンス健康経営宣言

ルネサンスは「生きがい創造企業」の企業理念に基づき、
健康づくりを通じてお客様お一人おひとりの生きがい創りに取り組んでおります。
そのためには、まず従業員自らがプロフェッショナルとして心身ともに健康な状態で、
且つ「生きがい」をもって働くことが、何よりも重要であると
企業行動指針や求める人材像の中で位置づけております。
わたしたちは健康経営宣言のもと、従業員への積極的な健康づくり支援と
組織的な働き方改革を尚一層推進し、お客様の「生きがい創り」の
お役に立つことで社会に貢献してまいります。

ダイバーシティ・マネジメント

ルネサンスは、総合スポーツクラブを核として、自治体や企業を対象とした健康づくり支援、介護リハビリなどのヘルスケア関連事業の展開、ベトナムにおけるフィットネスクラブやスイミングスクールの運営等、アジア新興国の健康増進やスポーツ振興の一翼を担う海外市場への参画など、事業複合化やグローバル化へと幅を広げています。
持続的な成長を可能とする組織構築のための人材確保及び育成のために、“ダイバーシティの推進”は重要な経営戦略の一つとして位置づけています。

「ダイバーシティの推進」の基本方針

ルネサンスは「生きがい創造企業」として
“ダイバーシティの推進”を重要な経営戦略の一つとして位置づけます。

  1. 性別・年齢・国籍・性的指向・性自認・障がいの有無・価値観や文化の違いなど、
    お互いの多様性を活かして、新たな価値を創造します。
  2. 多様性を認め、信頼や連帯感、さらに働きがいが高まることで、
    一人ひとりの強みを最大限に発揮できる組織を作ります。
  3. ダイバーシティの推進により、多様化する市場ニーズに対応した
    イノベーションを実現し、企業価値の向上を目指します。
専任組織「D&I推進チーム」

2014年度より、専任組織として「D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)推進チーム」を設置し、取り組みを推進しています。

※当社は、「一般社団法人 ジャパンダイバーシティネットワーク(JDN/Japan Diversity Network Association)」の正会員に登録しています。
JDNは、様々な団体が連携してダイバーシティの発展を協議し、国内外へ発信することで、日本国内のダイバーシティ推進活動を加速させ、社会の変革を促すことを目指しています。

女性の活躍推進

「女性活躍」を進めていくためには、女性に対する取り組みだけでなく、男性の育児参加や働き方など、会社全体の意識や風土の改革が必要です。ルネサンスでは『ダイバーシティの推進』の基本方針に基づく、女性の活躍推進の方針に沿って、さまざまな取り組みを行っています。

女性の活躍推進の方針
  • 当社は、「生きがい創造企業」という理念を具現化するため、ダイバーシティ・マネジメントの推進を重要な経営戦略のひとつとして位置付けます。
  • 女性の活躍推進については、企業価値の向上に必要不可欠なテーマであり、組織全体で積極的に取り組みます。
  • 女性がより活躍することを通じて、多様化する市場ニーズに対応し、イノベーションを推進します。
女性の活躍推進の取り組み
[定性目標]
  1. 1.女性が働きがいを持ち、自らの実力をいかんなく発揮し活躍する。
  2. 2.男女問わずワークライフバランスのとれた生産性の高い働き方を実現する。
  3. 3.意思決定に関わる女性の活躍を競争力の向上と経営の安定につなげる。
[定量目標]
  1. 4.役員5人以上
  2. 5.管理職比率15%
  3. 6.リーダー職(係長相当)比率50%   ※2020年度
[取り組み]

経営層とのコミュニケーション

■女性社員と経営層との意見交換会(座談会)

女性社員の現状のワークライフ情報の共有や、今後の取り組みなどについて意見交換会(座談会)を開催し、双方向のコミュニケーションを行っています。

キャリア形成意識の向上

■キャリアデザイン研修

キャリア形成の初期に、女性自身にキャリアの継続やキャリアアップに対する意識を高め、具体的な行動がとれることを目的に、入社3年目から3年ごとに計3回、キャリアデザイン研修を実施しています。

■CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)

自身の今後のキャリア開発プランを会社と上司に年度ごとに申告する機会を設けています。

■キャリア面談

本人が申告したキャリア開発プランをもとに上司と面談し、業務の分担やスキル開発を具体化しています。

管理職の意識変革

■管理職研修

ダイバーシティ&インクルージョン推進の取り組みにおいて職場のキーパーソンである管理職向けに研修を定期的に実施しています。

両立支援体制の整備

■両立を支援する仕組み

  • ◎育児休業期間:お子さまが2歳6ヵ月まで育児休業が取得できます。
  • ◎育児短時間勤務:お子さまが小学校3年生まで2時間または1時間の勤務時間の短縮ができます。
  • ◎カムバック・パスポート制度:育児他の事情によって退職する社員が一定要件を満たした場合は、退職後8年間は社員としての復帰を認めるパスポートを発行します。
  • ◎時差勤務(本社):本社オフィス勤務者は育児他の事由により、2時間までの範囲内で出退勤時間を調整できます。
  • ◎転居を伴う転勤のない社員制度(ホーム社員)を設け、育児他の事情で転勤ができない社員が活躍し続けられる環境を整えています。

■「るねふぁみ+(プラス)」

  • ◎育児中の社員のネットワーク組織です。当事者同士が相談・支援し合える関係性を築きながら将来のキャリア形成を見据えた働き方の実現を目指しています。
  • ◎全国各地で子育てをしている女性社員が一堂に会する「るねふぁみ+フォーラム」を定期的に開催しています。

■「ママスクェア両国店」の開設

本社オフィスに認可外保育所「ママスクェア両国店」を開設しました。事業所併設の保育所として活用しています。

※画像はイメージです。

男性の育児休業取得の推進

■育児支援の推進

女性の職場における活躍推進と合わせ、男性の家庭における活躍推進も同時に進めています。
男性の育児休業については取得率の目標を100%に設定し、取り組みを推進しています。
短期間の育児休業については有給とする制度を新設しました。

働き方の見直し

■テレワーク制度

男女ともにより生産性の高い柔軟な働き方を実現するために、週4日を上限として自宅などオフィス外でテレワークができます。

■自己選択型時差勤務制度

本社オフィス勤務者は、8:30から9:30の範囲内で出社時間を自己選択できます。

※ルネサンスは、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法」に基づく「子育てサポート企業」として認定され、次世代認定マークである「くるみんマーク」を取得しています。

最新データ

  • ■女性役員人数と比率

  • ■女性管理職比率

    ※管理職:支配人・課長以上
  • ■女性社員比率

  • ■女性社員採用比率

  • ■平均勤続年数

  • ■男性育休取得率

障がい者雇用

ルネサンスのスタッフには、障がい者スポーツ大会に出場する選手から、成長産業に身を置きたいというビジネス志向の方まで、さまざまな想いをお持ちの方が働いています。お客様の目標達成や変化を感じ取りながら、自分自身の成長も実感できる環境です。一人ひとりの価値を高め合うことで、成長と働きがいにつなげていきます。

障がい者雇用数(カウント数)と雇用率

障がい種別

LGBT

LGBTのスタッフのマネジメントに必要な知識や意識を持つために全管理職に研修を行っています。

海外事業展開に伴う人材育成

日本国内の経験やノウハウを生かし、ベトナムで直営のフィットネスクラブ、スイミングスクールを展開しています。現地スタッフの育成については、日本と同じレベルのサービス提供を目指して実施しています。
言葉の壁や習慣、文化の違いとともに、スイミング、ウエイトトレーニングの指導、ヨガのレッスンや、受付や施設案内など、さまざまな業務の習熟を高めるため、日本のスタッフが来越し、育成しています。また、将来は現地スタッフで運営できるよう、集中的にクラブにてOJTを行うなど、文化交流も深めながら、価値共創に臨んでいます。

働きがいのある会社を目指して

ルネサンスは、Great Place to Work@ Institute Japan(GPTWジャパン)が実施した「2018年働きがいのある会社」調査に参加し、大規模部門において6年連続でベストカンパニーに選ばれました。

働きがいのある会社であり続けていくために、ルネサンスでは、さまざまな取り組みを行っています。

社内部活動
  • 第68回日本実業団水泳競技大会 ルネサンス水泳部女子優勝(大会3連覇)
  • 2017FIA全国スポーツクラブ駅伝 東京大会」 駅伝チーム総合部門優勝
  • 企業対抗駅伝2018東京大会 駅伝チーム男子優勝、女子準優勝
    愛知大会及び大阪大会 女子優勝
  • 第55回全国実業団対抗テニス大会「ビジネスパル・テニス」
    ルネサンス・テニススタッフ関東エリア選抜「千葉」チーム優勝
ベストスタッフコンテスト

全国のスポーツクラブ ルネサンスのスタッフが、お客様の感動満足を生み出している“ベストプラクティス"とそれを生み出す“マインド"を共有し、接客水準のレベルアップを図り、当社に関わる多くの方を幸せにすることを目的としています。フロント・フィットネス・スイミング・テニス各セクションのスタッフが、それぞれエリア毎の予選を勝ち抜いて全国大会に臨み、各セクションのベストスタッフ(4名)が選ばれます。

社内表彰制度

事業における成果や人命救助や地域への貢献活動など、仕事を通してルネサンスに貢献したスタッフを表彰しています。

Page top